クリームを塗れば妊娠線も発生しません|赤ちゃんのような肌になる

女性

きちんとケアする

クリーム

隠れ乾燥はしっかりと保湿しよう

本来は肌が乾燥しているのですが、それを緩和しようと肌の防衛機能が働いて、皮脂が過剰に分泌されていて、内部は水分不足になった状態が隠れ乾燥です。隠れ乾燥なのに皮脂を取るケアを続けていると、どんどん乾燥が進行してしまいます。隠れ乾燥のケア方法には、しっかりと肌内部に潤いを与えてあげて、潤いを閉じ込めるのが大切です。これは妊娠線対策のときも同様です。テカらない保湿ジェルやクリームを使用して、しっかりと保湿ケアをするのが効果的です。また、普段のスキンケアでも、皮脂を取りすぎないようにするのが大切です。クレンジングや洗顔に注意して、化粧水でたっぷりと水分を与えて、保湿ジェルの保湿成分で水分をキープするケアが有効です。

隠れ乾燥と老化について

年中エアコンで乾燥している室内や生活習慣、毎日のスキンケアなどで、隠れ乾燥が起こってしまいます。表面は皮脂で潤っているため、なかなか自分では隠れ乾燥に気づきにくい場合が多いのです。隠れ乾燥をそのままにしておくと、肌の機能も正常に働かなくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。肌が固くごわついてきて、肌にどんどん潤いがなくなってきて、シミやしわ、たるみなどの肌老化を起こしやすくなります。そのため、しっかりと保湿ジェルで保湿力を高めてあげて、肌内部の水分量をアップさせる必要があります。保湿ジェルは浸透力が高く、肌内部の水分を閉じ込めてしっかりとガードしてくれます。肌老化を起こさないためにも、まずはしっかりと保湿をすることを心がけましょう。乾燥肌の対策だけでなく、妊娠線の予防や対策のときもですが、保湿することで軽減されていきます。いまは無香料、無着色など無添加のクリームや化粧品が多数あるので、そういった体に優しいものを使用しましょう。

保湿をする

女性

肌のハリツヤをキープしたいのであれば、毎日のケアで保湿ジェルなどを活用しながら乾燥を予防することも大切です。特に乾燥しやすい季節であれば、いつも以上に肌ケアに時間をかけてあげるのが良いでしょう。

詳細を読む

手でつける

背中

エイジングケアをするのであれば化粧水を利用するとき、手で肌を包み込むようにして付けてあげると良いでしょう。最近ではアンチエイジングに最適な化粧水も多く誕生しているので、こうしたコスメを活用すれば美肌をキープできます。

詳細を読む

美肌を維持する

眠る人

肌ケアコスメを選ぶ時には、できるだけ保湿がしっかりできるものを選ぶのがポイントです。毎日のケアが面倒という人はオールインワンジェルのアクアレイナを利用してみるのも良いでしょう。

詳細を読む